研修講師派遣や講演会講師依頼はトレーナーズへ
講師詳細

清水一郎

おひさまクリニックセンター北院長
肩書
医学博士
性差医療専門医
講師詳細
354ヶ月

プロフィール

愛媛大学医学部卒業。
米国ペンシルバニア大学医学部博士研究員、徳島大学消化器内科准教授、聖隷横浜病院消化器内科部長等を経て現職。

がんを含む多くの病気の原因に活性酸素が関係し、健康には活性酸素を消去できる抗酸化力の存在が不可欠。

女性ホルモンのエストロゲンは体内最大の抗酸化力があり、会話・共感力を促す。
男性ホルモンのテストステロンは筋肉を作り出し、評価・征服力を促す。

男女の性ホルモン研究と抗酸化力研究に長年携わり、男女の違いを診断や治療に反映させる性差医療の必要性を提唱してきた。

また私自身が糖尿病、高血圧になって食事や運動等の生活習慣改善で克服した経験と現在も主夫を実践していることから、男女の健康問題や夫婦問題を並行して研究している。

健康美人でいたい女性、セックスレスを解消したい男性、円満でいたい熟年夫婦等を応援し、そのために、食事、運動や人間関係の対処法等の具体的な改善策をお話しする。

研修・講演テーマ

講演テーマ

    ●「生活習慣改善だけで1年で糖尿病・高血圧が消える方法(自己体験談)」
    ●「いつまでも美しく健康でいるための生活習慣」
    ●「大真面目なセックスレス解消の手引き」
    ●「毎日1杯の味噌汁で健康美人」

研修分野

    医療・健康・介護、生活習慣病、美容・アンチエイジング、性ライフ、主夫、認知症、味噌

研修・講演テーマ

健康・医学 / 健康・医学 / 健康・医学

主な実績

研修・講演実績

大学病院時代(2009年まで)は市民講座や教育講演:性差医学・医療学会第1回学術集会(コクヨホール、東京、2008)等。

以後、一般社会人に対する講演は、せいれい健康講座(聖隷横浜病院、横浜、2010)、肝不全と栄養治療の勉強会(横浜、2010)、味の素製薬株式会社・社内招聘勉強会(横浜、2011)等。

学生に対する講義は、中央情報専門学校(埼玉県新座市、2017)のみ。

 

メディア掲載・出演実績
    取材記事掲載は、
    『性別違えば治療も違う「性差医療」に関心を』(朝日新聞2009年12月18日)

    『患者になった医師がわずか1年で糖尿病を消した驚きの方法』(1000万人予備軍のための糖尿病のすべてがわかる本.洋泉社MOOK、2018)

    『医師自ら糖尿病を克服! 21kgやせて220ミリグラムの血糖値を99ミリグラムに下げた秘密を公開』(壮快2018年7月号)

    『男性ホルモンの減少が招くED3兄弟を防ぎ治して生涯現役を貫く術を医師が伝授』(壮快Z 2018年8月号)

    『本能、快楽、愛情が揃う最高のSEXライフは40代から始まる』(週刊SPA! 2018年11月13日号)

    『食事のちょっとしたキッカケで高血圧・脂質異常・脂肪肝が正常化し糖尿病が「消えた」』(わかさ2019年2月号)等。

講師料目安

  • 講演料 | 10万未満
  • 研修費 | お問い合わせ下さい

本講師に関するお問合せ

トレーナーズ運営事務局
TEL:0120-000-0638 FAX:03-6680-0043 E-mail:trainers@koushihaken.jp 受付時間:月~金曜日 10:30~17:00